人気ブログランキング |
ブログトップ

ブログ

airchokin.exblog.jp

.

崎山さん、あなたが頼りです!

 結局、去年は『NHK紅白歌合戦』を一秒も見なかったのである。
 それは、知らない歌手ばかりで見る気が起きないという、私自身が時流に乗れていないという自己責任によるところと、笑いを取るためにちょこちょこ挟まれる、あからさまに台本通りの出演者同士のやりとり(これは『うたコン』や『生活笑百科』にも見られるNHK演出の特徴といえる)がまったく笑えなくて痛々しかったり、寒い余興が挟まるせいで、なぜか私が申し訳ないような気分にさせられていたたまれなくなってくるのを防ぐためと、極々少数の見たい出演者のために出演時間を予測してピンポイントで見ることが面倒なことなどが理由である。
 録画して見たいところだけ見ればいいとはいうものの、去年私が見てもいいかなと思えたのは星野源ただひとりだった。
 そのただひとりのために、4時間もの録画時間の中からわずか5分未満を探し出すのは非常に面倒だし、去年の星野源が歌った曲「アイデア」は、そもそそれほどいいと思っていなかったので、べつに見なくてもいいや、となってしまったのである。
 そんな紅白に、今年はスピッツが出るのではないか、と言われている。理由はいうまでもなく朝の連続テレビ小説の主題歌として「優しいあの子」を書き下ろしたことだ。
 どこかのニュース記事では「有力」とか「確定」とか書かれていたらしい。私はそういう記事を実際には読んでいないのだが、どうせあと数日もすれば事実が判明することだ。

 さすがにスピッツが出るともなれば、最初で最後だろうし、録画してそこだけ見る(あとは星野源が「ドラえもん」で出るなら見る)のだろうけれど、彼らの出演に際していくつか心配がある。
 ひとつ目は、演出の問題。
 出演するとなれば、そのいきさつから言って、必ず連ドラとの絡みがあるだろう。
 話程度で終わるなら問題ないのだが、もしドラマの主要出演者が同じステージに並んで歌うなんてことになったら大変なことになる。リーダー田村明浩が動き回れなくなってしまうではないか。
 ふたつ目は、出演時間の問題。
 連ドラとの絡みともなると、番組中盤あたりでの登場が予想される。過去には例外もあったようだが、基本的には中盤以降と考えていいだろう。
 そうなると、三輪テツヤの活動限界時間の21時を過ぎてしまう。ただでさえ見た目に反して演奏中の動きの乏しい三輪が、あまりにも止まって見えたなら、それは彼が眠ってしまっていると見ていい。
 最後は草野マサムネの過緊張である。
 生放送で、しかも国民的番組とされる紅白。ただでさえ緊張しいの草野が、歌いだしのタイミングを間違えて「ふーねに」なんてやらかしたりしなければいいのだが……
 まあ、笑えない妄想はこれくらいにして、実際にはどこかからの中継か事前収録になるのかもしれない。
 中継はともかく(あまりいい印象はしないが)、事前収録だけはやめてもらいたいと思う。それをやるくらいならきっぱり出ない方がいい。

 別の出演者のことを予想すると、今年は杜このみが出るんじゃないかと私は読んでいる。もしかしたら先述の予想記事にも名前が挙がっているのかもしれない。
 彼女は歌唱力も見た目も優れていて、『うたコン』をはじめとしたNHKの歌番組への出演もかなり多く、演歌の若手ではもっとも売れている歌手である。
 そのうえ、この時期を狙ったかのような関取との結婚発表。話題性もじゅうぶんだ。
 そういえば、彼女の結婚を私は「大相撲の高安が結婚」という記事の中で知った。見出しには名前すら出ていなかったのである。
 しかしスポーツにあまり関心のない私から見たら「高安?ああ、そんな人いたなあ」といった感じで、どちらかというと「杜このみが結婚~相手は大相撲の高安」といった感覚である。
 私のような物好きとは違い、世間では演歌歌手のことなどほとんど知られていないということだろう。
 これはかつて、葉加瀬太郎が結婚したときと同じ現象である。
 世間一般のニュース見出しでは「女優の高田万由子が結婚~相手はバイオリニストの葉加瀬太郎~」だったが、私からすれば「葉加瀬太郎が結婚~相手は女優(?)の高田万由子」という感覚だった。
 私にとって高田万由子という人は、『料理の鉄人』で料理を食べてなんかコメントしていた人、くらいの印象の、職業のよくわからない人であって、そもそも女優という認識もなかった。
 対して葉加瀬太郎はクライズラー&カンパニーのフロントマンとして人気を博し、最終的には武道館でコンサート(解散コンサート)をしたほどの人だった。
 東大出ということ以外、取り立てて話題のない高田と、自らの技術で実績を積み重ねていた葉加瀬とで、どうしてこんな扱いの違いが出るのかと、芸能界の不思議に首をひねった私だったが、それも昔話で、いまや葉加瀬太郎は日本でもっとも有名なバイオリニストになった。

 最後は紅白のこととはまるで関係ない話になってしまったが、今回はここで突然終了である。
 (文中敬称略)




.

by faint_breath | 2019-11-09 07:56 | 芸能

by faint_breath